ボストンの都市と自然の共存 – 大都市ボストンの自然との調和を見てみる


ボストン概要

アメリカのマサチューセッツ州北東部のサフォーク群にある都市、ボストン。
アメリカ有数の世界都市で、金融センターとしても影響力を持っております。
大都市であるボストンですが、緑化にもかなり力を入れており
都市の景観を緑豊かにそして、環境保全のための植林なども頻繁に行われています。

以下、wikiの記事です。
————————————————————————————————————-
アメリカで最も歴史の古い街の一つである。ニューイングランドの中でも最大の都市で、
同地域の経済的・文化的中心地と考えられており、「ニューイングランドの首都」と言われることもある。

アメリカ独立後、ボストンは主要な海港、そして製造業の中心地となり、
その長く豊かな歴史に呼び寄せられて、現在年間1630万人の観光客がこの地を訪れている。
ボストンでは、アメリカ最初の公立学校であるボストン・ラテン・スクール(1635年)、
アメリカ最初の大学であるハーバード大学(1636年、ただし隣接するケンブリッジ市に位置する)、
アメリカ最初の地下鉄網などが生まれた。
————————————————————————————————————-
あとは、今ダルビッシュがいるボストンレッドソックスでも有名ですよね。